ローソン バイト 仕事内容

ローソンのバイトの仕事内容が知りたい!

スポンサードリンク

ローソンのバイトの仕事内容は、店内の商品の販売の他に宅急便やメール便の取り扱い、公共料金の支払い、ATM操作の指導、自治体の指定粗大ごみ券の販売など多岐に渡ります。

 

宅急便やメール便の処理に時間がかかると、すぐにレジに列ができてしまいます。

 

ローソンはロッピーという機械を用いて、チケット等の販売も行っているので、これも時間がかかる処理のひとつです。

 

バイトの人数が少ない時にこれらの通常販売業務以外のことが発生すると忙しくなります。

 

もちろん、ローソンの仕事内容には店内とトイレの清掃や商品整理、品出しも含まれます。

 

ぼんやりとしている時間はあまりないと言っても良いでしょう。

 

ローソンでは仕事内容が書かれたバイト向けのマニュアルがありますので、分からない時には素早く確認するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

ローソンバイトが感じる大変なこととは?

ローソンのバイトで大変なことは人によって感じ方が違います。

 

勤務中は基本的にずっと立っていなければならないという点は、多くの人が大変だと感じているところです。

 

バイトはお客様がレジにいなくても立っていなければならないので、立ち仕事に慣れないうちはかなり疲れます。

 

商品名を覚えなければならないのも大変です。

 

特にタバコは種類が多く、同じ銘柄でもタールの量によって違う商品になります。

 

パッケージも似ているので間違えやすいです。

 

バイトしている人が喫煙者ではないと覚えるのはさらに大変になります。

 

ローソンはローソンセレクトという自社のプライベートブランドを展開しています。

 

これらの商品を覚えるのも大切です。

 

品出しの時に確認しながら覚えてしまいましょう。

 

ローソンにある店頭端末のロッピーはクーポンなども取扱いますので、処理の仕方が複雑です。

 

お客様を待たせないように処理していくのは大変なことです。

 

スポンサードリンク