ローソン バイト 休憩

ローソンのバイトがとれる休憩はどうなっている?

スポンサードリンク

ローソンは直営店とフランチャイズ店があるので、店舗によって異なりますが基本的に休憩時間は4時間以上の勤務から発生します。

 

4時間で20分程度、6時間で30分程度の休憩が一般的です。

 

ローソンに限らず休憩している時間の給与はもらえないので、バイトの給与明細をきちんと確認して、休憩時間が適切に計算されているかよく見ておきましょう。

 

ローソンのバイトでは休憩している時もバックヤードにいなくてはならないので、店内が混雑してきたら対応しなければなりません。

 

モニターを確認しながら休憩をして、呼び出されたらすぐにレジをこなします。

 

8時間の勤務では1時間以上の休憩を取ることが法律で定められています。

 

ですから、この場合、実質的なバイトの拘束時間としては9時間は必要であるということです。

 

スポンサードリンク

 

ローソンバイトの研修期間や覚えること

ローソンではバイトが新しく入るとまずは研修中というネームプレートをつけて、お客様への対応、レジ操作、品出しなど基本的な業務を覚えていきます。

 

フランチャイズと直営では研修の進め方や方針が違いますが、多くのローソンで研修期間は一か月ほどと言われています。

 

もちろん、期間中に沢山働いて、勤務時間が多くなればなるほど研修期間となる日数は少なくなります。

 

ローソンのバイトの研修期間はお客様もバイトの先輩たちもその人が入りたてだということが分かる状態ですので、それほどきつくは当たりません。

 

ローソンでは研修中にしっかりと業務内容を覚えて、きちんとバイトできるようになるのがベストです。

 

分からない点があっても当たり前と思って、店長や先輩にどんどん質問していきましょう。

 

研修期間が終わってから基本的な質問をする方が恥ずかしいものです。

 

スポンサードリンク