ローソン バイト 時給

ローソンのバイト時給の現実

スポンサードリンク

ローソンのバイトは地域によって時給に違いがあります。

 

地方の方が時給は安く、都市部になるほど高くなります。

 

東京の23区内でも駅から近いなどの立地によって、同じローソンでも時給が大きく異なります。

 

ローソンを利用するお客様が多い方が仕事が忙しいので、バイトの時給は高くなります。

 

ローソンでは高校生もバイトすることができますが、大学生や社会人よりも時給は低いのが現実です。

 

バイトを始めたばかりの研修期間中は、一般勤務の50円から100円ほど低い時給となります。

 

また、深夜や早朝は日中の勤務よりも100円から200円ほど高い時給となります。

 

できるだけ高い時給で働きたい時には深夜や早朝にシフトを多く入れるようにすると良いでしょう。

 

ただし、高校生は夜10時から朝の5時までは労働基準法により勤務を禁止されています。

 

スポンサードリンク

 

ローソンのバイトの給料日はどこの店舗も一緒なの?

ローソンはフランチャイズ展開しているコンビニなので、バイトの給料日は店舗によって違います。

 

15日締めの月末払いというところが多いようです。

 

これは1月1日から1月15日までバイトした分のお給料が1月31日に支払われるということです。

 

フランチャイズ店の給料日はこれと異なることもありますが、多くのところは翌月中には支払いが完了します。

 

ローソンは同じ地域にいくつか店舗があることもありますが、給料日が全て同じというわけではないので、最寄りの店舗と半月ほどずれることもあります。

 

ローソンでバイトを始める時には、一番初めの給料日がいつになるのかしっかり確認しておきましょう。

 

15日近くに勤務開始となる場合は、半端な日数でも15日締めに入れてくれるか、次の締め日に合わせるのかで最初の給料日が変わります。

 

スポンサードリンク