ローソン バイト 初日

ローソンのバイトの初日をスムーズに過ごすために…

スポンサードリンク

ローソンで初めてのバイトはとても緊張するものです。

 

まずは店に入った時、他のバイトに笑顔で挨拶をすることから始めましょう。

 

挨拶は他のバイトが接客をしていない時を見計らってすると良いと思います。

 

ローソンのバイト初日はまず研修から入ります。

 

契約書の記入や、仕事内容についての勉強(挨拶など基本事項)があり、それから店に出ます。

 

挨拶を大きな声で言い、商品整理や清掃を習うと共に初日からレジを打つこともあります。

 

ローソンのバイトの初出勤でできることは仕事内容のごく一部に過ぎませんが、接客の基本中の基本です。

 

初日に教えてもらったことは必ずメモをとり、家で確認しましょう。

 

そうすると次回からのバイトに余裕が生まれ、新しく習うことが頭に入りやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

ローソンのバイトは挨拶の練習をすることも…

ローソンで最初の研修の時に挨拶の練習をしますが、中には大声で挨拶の練習をさせられる店舗があります。

 

自分はもうこれ以上大きな声が出せない、というほど何回も何回も練習させられるそうです。

 

ローソンで実際にお客様が来たときにこんな大声で挨拶するバイトはいないので、無意味なものだと思われがちですが、実はそうではありません。

 

初めてローソンでバイトをする高校生などは、最初は「いらっしゃいませ」の言葉も出ないほど照れてしまいます。

 

そこで恥ずかしさを解消するためにあらかじめ大声で練習させておいて、店に出たときにスムーズに挨拶できるようにするのです

 

この大声で挨拶の練習をさせる店舗は、実はバイト教育の非常にしっかりしたところです。

 

一見スパルタのようにも見えますが、声を出す恥ずかしさを捨てさせてくれる愛のムチなのです。

 

スポンサードリンク