ローソン バイト 採用

ローソンのバイトに採用されやすい人物像とは

スポンサードリンク

ローソンのバイトをしようと思ったら、まず電話やインターネットなどでエントリーを行います。

 

応募した店舗の担当者から詳細の連絡が入り、バイトの面接となります。

 

バイトとして採用が決まると応募した店舗での研修がスタートすると言う流れです。

 

現在、ローソンのバイトはシニア層を積極的に採用しています。

 

シニア層は採用されると長期間継続してローソンに携わってくれるということがデータ上明らかになっており、ローソン側の人材確保の面で非常に有益であることが分かったのです。

 

ローソンのバイト採用後の研修内容は誰にでも分かりやすいように研究されています。

 

優秀な人材を採用していくために、労働人口減少を視野にいれ、幅広い世代の採用を進めているというわけです。

 

年齢にこだわらず、ローソンでバイトしてみたいと思ったら、まずはエントリーしてみると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ローソンのバイトに落ちたとしても落ち込む必要はない

ローソンのバイト面接で落ちた場合、応募者自身に問題があるだけではなく、ローソン側が求める勤務時間などと合致しないというケースがあります。

 

面接の時間に遅刻したり、乱れた服装で行けば面接で落ちたという結果になるのは当然ですが、きちんとしていったのに採用してもらえないということもあります。

 

多少、質問にしどろもどろになってしまってもそれほど問題ないことが多いので、応募者本人の問題というよりも他の面での折り合いが合わなかったと考えてよいでしょう。

 

これまでの面接で落ちたとしても、次のローソンのバイトでは採用となるかもしれません。

 

ローソンはフランチャイズ経営の店舗が多いので、別の店舗では採用になる可能性も高いのです。

 

バイト面接らしい服装と事前に用意できる質問の回答はしっかりと考えて、面接に臨みましょう。

 

スポンサードリンク