スプレイのバイト (渋谷109店)の評判、体験談、口コミ、感想を公開

スポンサードリンク

私はアパレルブランドのスプレイ渋谷109店で、アパレル販売のバイトしていました。

 

スプレイ渋谷109店で実際にバイトして、大変厳しいツライと感じた仕事内容は、まず渋谷という土地柄もあり通勤が大変でした。

 

行きは朝の通勤通学のラッシュに、また帰りは帰宅ラッシュに巻き込まれました。

 

スプレイ渋谷109店のバイトを上手にこなすコツとしては、朝は時間をずらし早い電車に乗ったり、電車の扉近くにピッタリと体を寄せ出入りに左右されないようにしました。

 

また、帰りは1〜2本乗る電車を遅らせて座って帰るようにしたことで通勤が楽になりました。

 

また、アパレルブランドということで立ち仕事で尚且つヒールをはくことが必須だったので、足の痛みも辛かったです。

 

暇さえあれば靴屋さんに行って、自分の足に合う痛みの軽減出来る靴を探しました。

 

スポンサードリンク

 

はじめはピンヒールが好きではいていましたが、ヒールが太いものやウェッジソールのパンプスやサンダルの方が重心が分散されるので、バイト中はそういったヒールをはくことで痛みが改善されました。

 

アパレル販売なので、お客様にアドバイスを求められることも大変でしたが、自分自身がしっかりファッションの勉強をすることで自信を持ってアドバイスすることが出来るようになりました。

 

また、押し付けずに選択肢を必ず複数用意し、Aの商品ならこういう風になって可愛らしい雰囲気になるしBの商品なら上品で大人っぽくなる…等、必ずそれぞれの商品のメリットをお伝えし最終的にはお客様自身が選べるようにご案内しました。

 

スプレイ渋谷109店のバイトで一番大変だった時期は、夏場や年末年始の大きなセールです。

 

レジは大行列になり、店頭ではメガホンを持ってお客様にお声掛けをしました。

 

バイト業務は忙しく最初は大変でしたが、普段よりお店の売り上げが良いこともスタッフの達成感や遣り甲斐に変えて、お祭りのように楽しむことで乗り越えました。

 

スポンサードリンク